住宅プロデュースとは|家作り哲学 | デザインリフォーム・オーダーキッチンならLDK

LDKの家づくり哲学

LDKの家づくり哲学

LDKの立ち位置/【プロデュースを再定義する】

私たちLDKは、2001年に原宿キャットストリートで活動を開始してから、単なる「設計事務所」ではない、「プロデュース」の観点にこだわり続けてきました。
専門性とアカデミズムの観点からだけでは、「生活の実像」や「本来の豊かさ」は見えてこないと実感しているからです。
一方で、「プロデュース」は、いろんな専門分野の「間/あいだ」に何が生まれるか?を大切にする観点です。
たとえば、昔ならば、地元の建築屋さんは、立派にプロデュース機能を果たしていました。土地のこと。建築の作り方(設計)、建築の実務(施工)予算の組み立て、銀行との交渉、その他モロモロの家づくりに関わることを全部まとめて相談に乗っていたと思います。窓口ひとつで、生活のことのほとんどを解決してくれる人、それを「親方」と呼んで、信頼していたのです。「間/あいだ」に携わるいろんな人々のエネルギーが集まり、安心でよいものが安く供給されていたのです。
しかし現代においては、住民は、会社勤めのひとが多くなりました。地域のコミュニティーも今は希薄になりました。
家づくりに関しても、不動産業者、設計事務所、施工業者、銀行、はそれぞれ分業し、相互に連関することがありません。それぞれが自分のテリトリーの契約に奔走します。その結果、逆に分業の「間/あいだ」に見えないリスクが残ります。結局はこの見えないリスクは、建て主の負担になるのです。自分はリスクを持たず、リスクを他へ押し付け合うような「悪しき分業」。これが現在の家づくりの環境です。これでは人のエネルギーを結集した「いい家」にはなりません。
LDKは、家づくりのコンセプトづくりを最重要視します。そしてそのコンセプトに従って、土地探し、銀行ローンのご提案、建築工法選択、建築設計、構造計算、確認申請、予算のコントロール、工務店選択、登記などの引き渡し業務、家具やカーテンのコーディネートまで、一貫して窓口ひとつで行う「プロデュース」会社を目指して、研鑽と実績を積み重ねてきました。
その結実として、お客さまには、関わる人たちのエネルギーが結集した、「エネルギーのオーラ」を感じる家づくりを、ご提供できると自負しております。

「プロデュース」の仕事は、ローンの調整、予算の確保からスタートする。

あまり知られていないことなのですが、デザイン住宅の場合、特にこの「プロデュース」機能が必要になるのです。デザインすればするほどお金がかかる。お金のことばかり言っていると満足なテイストの家にならない。そもそも存在するこの「矛盾」を、「昇華」する機能がどうしても必要なのです。それが「プロデュース機能」です。
たとえば住宅ローンには、銀行の審査が必要です、ご融資金額はその審査によって決定します。しかしよく考えてみてください。「悪しき分業」の中では、「卵が先か?にわとりが先か?」になってしまい、しっかりした計画の第一歩を踏み出すことができません。
まず、審査に必要な土地情報と図面、工事金額の算出が必要です。LDKは、初期のご提案の中で、費用をいただかずこのシュミレーションプロセスをお手伝いします。

  1. ご希望の住宅イメージや居住地域のインタビューし、住宅のコンセプトを提案する。
  2. しっかりしたコンセプトのもと、ご一緒に土地探しを行う。
    その際、総額の予算を念頭に置き、建築をイメージしながら土地を見るのが不動産屋との違い。
  3. 気に入った土地に建築プランを書いてみる
  4. 上記の建築プランで予算組をしてみる
  5. その他にかかる費用もガラス張りで算出する。
  6. 土地情報+建築プラン+建築予算の総額の三点セットを銀行に提出し、予備審査を行う。

これが、LDKのプロデュースの肝、土地探しシュミレーションです。

LDKは、200棟以上のプロデュース実績がありますので、この初期の銀行ローン審査段階で、予算を概ね約束してしまうことができるのです。施主は、この安心できるベースがあって初めて、しっかりと家づくりを考えることができるのです。

もし、分業している不動産屋、設計事務所、建築業者がそれぞれ、自分のリスクヘッジに回ったらどうなるか?不動産屋はなるべく高い土地を買わせようとし、建築の予算採りをおろそかにします。設計事務所は、自分のデザインにこだわり、予算を考慮しない「独りよがりなデザイン」をしかねません。先の二者が自分の主張を優先するあまり、予算通りに希望を叶える建築業者は見つかりません。「作り手側の都合」が最前面に出てきます。
結局。土地+建築の計画が、大幅に予算オーバーになる。暗礁に乗り上げる。という結果を招きます。

「悪しき分業」のもとでは、このように、住宅計画は、バラバラになっていきます。
なぜでしょうか?
まず、テーマが共有されていません。それぞれの分業業者は、仕事の全体像を知ることが未来永劫ないのです。また、意識しようともしません。問題点はずべて「施主の自己責任」と認識しているからです。
「あるテーマを実現するために、このプロセスがある。」仕事は、このようにシンプルな論理性を失うとき、必然的にバラバラになるのです。

プロデュース機能の必然性、必要性。お分かりいただけましたでしょうか?
真面目に家づくりを考えると、「プロデュース」機能は必要不可欠なのです。

お問い合わせ